相続とは?

相続とは、民法上「相続人は、相続開始のときから、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する」となっていますが、簡単にいうと「親の財産をもらうこと」「死亡した人の財産を相続人がもらう」ということです。

相続分は法律でルールがありますが、遺言で変えることも可能です。また、相続人と相続分が決まれば、相続財産が確定します。

相続が始まると、相続人とよばれる人が財産をもらいます。ただし、借金を残して亡くなった場合等もあり、放棄することも可能だったり相続にも種類があり、相続人が法律で定められた相続の種類の中から選択することが可能です。

相続について

財産を分割できるときを除いて、相続人全員による共有になりますが、その後は遺産分割や税金が問題になります。また、相続紛争があれば裁判所手続きを検討する場合もあります。

上記を実際行う場合は、「相続人調査」や「各種証明書の取得」「戸籍の収集」「不動産の名義変更」「金融機関の名義変更」等々の手続きが発生します。

誰が相続人になる?

法律で定められている家族などが相続人になります。さらに、法律では相続人となるための順位も定められており、先の順位の人がいるときは、後の順位の人には相続権はないこととなっています。

配偶者は常に相続となると定められており、婚姻届が出されている正式な配偶者であることが必要です。

内縁関係の場合は、生活期間、周りが夫婦と認めていても法律上、相続権を認めていません。こういった場合は、遺言を残すことで内縁の配偶者に財産を残すことが可能です。

配偶者は常に相続人となりますが、相続の順位は下記のようになります。

  • 第一順位「子、養子、胎児、非嫡出子も含まれます」
  • 第二順位「父母」
  • 第三順位「兄弟姉妹」

たとえば、夫婦と子一人の3人家族の場合で、夫が亡くなった場合は、配偶者と子が相続人となります。

相続手続き・家系図作成のお申込み

家系図作成・相続手続きに関する相談のお申し込み

家系図作成・相続手続き業務の対応地域のご案内

行政書士への連絡先

  • 相続手続き業務は、札幌市内・近郊・北海道内対応となっております。直接ご相談を希望のお客様は、ご相談をさせて頂いたうえで依頼されるか検討して頂ければと思います。
  • 相続手続きは札幌市外(江別市・石狩市・小樽市・北広島市・岩見沢市・旭川市・苫小牧市など)のお客様についても、書類作成手続き・申請のお手伝いをさせていただいております。
    家系図作成は全国対応となっております。