行政書士法 第8章 雑則

(業務の制限)
第19条 行政書士又は行政書士法人でない者は、業として第1条の2に規定する業務を行うことができない。ただし、他の法律に別段の定めがある場合及び定型的かつ容易に行えるものとして総務省令で定める手続について、当該手続に関し相当の経験又は能力を有する者として総務省令で定める者が電磁的記録を作成する場合は、この限りでない。
2 総務大臣は、前項に規定する総務省令を定めるときは、あらかじめ、当該手続に係る法令を所管する国務大臣の意見を聴くものとする。

(名称の使用制限)
第19条の2 行政書士でない者は、行政書士又はこれと紛らわしい名称を用いてはならない。
2 行政書士法人でない者は、行政書士法人又はこれと紛らわしい名称を用いてはならない。
3 行政書士会又は日本行政書士会連合会でない者は、行政書士会若しくは日本行政書士会連合会又はこれらと紛らわしい名称を用いてはならない。

(行政書士の使用人等の秘密を守る義務)
第19条の3 行政書士又は行政書士法人の使用人その他の従業者は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士又は行政書士法人の使用人その他の従業者でなくなつた後も、また同様とする。

(資質向上のための援助)
第19条の4 総務大臣は、行政書士の資質の向上を図るため、講習会の開催、資料の提供その他必要な援助を行うよう努めるものとする。

(総務省令への委任)
第20条 この法律に定めるもののほか、行政書士又は行政書士法人の業務執行、行政書士会及び日本行政書士会連合会に関し必要な事項は、総務省令で定める。

相続手続き・家系図作成のお申込み

家系図作成・相続手続きに関する相談のお申し込み

家系図作成・相続手続き業務の対応地域のご案内

行政書士への連絡先

  • 相続手続き業務は、札幌市内・近郊・北海道内対応となっております。直接ご相談を希望のお客様は、ご相談をさせて頂いたうえで依頼されるか検討して頂ければと思います。
  • 相続手続きは札幌市外(江別市・石狩市・小樽市・北広島市・岩見沢市・旭川市・苫小牧市など)のお客様についても、書類作成手続き・申請のお手伝いをさせていただいております。
    家系図作成は全国対応となっております。